• 資料請求する
  • お問い合わせ
  • TOPへ戻る

雲光院

雲光院

清澄白河駅から徒歩5分。アクセス良好です。
墓地は日当たりが良く境内は緑が豊かです。平坦でお墓参りがしやすく、駐車場、会食室、休憩所があり、施設も充実しています。
種類

一般墓永代供養墓 東京都

寺院名 雲光院 宗旨 浄土宗
住所 〒135-0022 東京都江東区三好2-17−14 利用総額 130,24万円~
HPwww.unkouin.or.jp/
資料請求リストに追加

お墓のご利用料金

大きさ 永代使用料(非課税) 石種 工事代金(税込) 合計(税込)

 

0.24㎡

 

550,000円

623

752,400円

1,302,400円

年間管理費 12,000円

永代使用料には入檀料が含まれています。

ローンの取り扱いもしております。詳しくはお問い合わせください。
大きさ 永代使用料(非課税) 石種 工事代金(税込) 合計(税込)

0.42㎡

750,000円

623

808,500円

1,558,500円

大きさ 永代使用料(非課税) 石種 工事代金(税込) 合計(税込)

0.63㎡

1,250,000円

623

831,600円

2,081,600円

大きさ 永代使用料(非課税) 石種 工事代金(税込) 合計(税込)

0.81㎡

2,250,000円

623

1,025,200円

3,275,200円

雲光院ヒストリー

開山は還蓮社往誉潮呑和尚で、本願は阿茶局であり、天和三年(1683)に現在地に移ってきたといわれております。
阿茶局は今川家臣神尾孫兵衛久宗の妻で、永禄三年(1560)今川義元に供して久宗が討ち死後、天正十年(1582)家康が信州打入の際、幼子猪之助を携えて黒駒で嘆訴し、府にいたときのよしみだったことにより、母子とも召し、阿茶局と称し近仕させました。

元和六年(1620)後水尾天皇の中宮として秀忠の娘和子の御入内の際、阿茶局は御母代となりました。江戸に滝徳山高巌寺を建て、死去の時に葬られ、二十石寄付がありました。法号は雲光院殿従一位尼公正誉周栄大姉。家綱の妻高巌院が亡くなったとき寺号を雲光院と改め、後に深川に移ったということです。
塔頭として、法蔵院・浄慶院・良正院・正覚院・一言院・正光院・清心院・長源院・養寿院・仙蔵院・伝寿院・樹光院・慈清院・浄徳院・清光儲・浄心院・固貞庵・樹光庵がありました。
神尾家の菩提寺で一般の檀家は持たず、僧侶の修行所としての役目を果たし、その流れをくみ修行僧が多かったということです。関東大震災後、浄慶院と寿光院を合併し今日に至ります。

アクセス

〒135-0022 東京都江東区三好2-17−14

・半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩5分

寺院一覧へ戻る
資料請求リストに追加